トップページ → セルフケアであごのニキビを治そう

セルフケアであごのニキビを治そう

大人ニキビというのは、どこにできても不思議ではないのですが、特にあごというのは、ニキビが発生しやすく、治りにくい、再発しやすいという特徴を持っています。ちゃんとしたケアをしていかなくては、ニキビが悪化してしまって、色素沈着を起こしてニキビ跡になってしまう可能性もあります。皮膚科で治療をしてもらう方法も有効なのですが、まずは自分で行える治し方からためしてみると良いでしょう。普段のスキンケアが間違っていたり、生活習慣が原因で、あごにニキビができてしまった可能性もあります。今回は、顎のニキビの予防や治療をするためのセルフケアについてお話をしていきたいと思います。

 

ホルモンバランスを改善させる
ホルモンバランスが乱れていることであごにニキビができてしまうということが多いです。ですので、その原因であるホルモンバランスを整えることで、顎のニキビを解消したり予防をすることも可能になるのです。ストレスを完全に解消させるということはとても難しいことではありますが、少しでもストレスを解消したり、ストレスを感じないようにしていきましょう。また、栄養バランスが取れている食事を心がけること、睡眠をしっかり確保することも大切です。いくらスキンケアをしっかり行っていたとしても、根本的な部分に問題があるのであれば、ケアをしても効果を発揮させることはできません。ですので、生活習慣の改善をしてホルモンバランスを整えることを最優先で行うようにしてください。

 

正しい方法でスキンケアをする
これまでしてきたスキンケアの方法に問題はないかを振り返ってみましょう。ちゃんとあごの周りの洗顔やクレンジングをしていたか、洗顔をした後にしっかり洗い落とすことはできていたのかをチェックしてください。特に洗顔料をしっかり洗い落としていなかったことで、にきびになってしまうケースは多いです。ですので、洗顔料が残らないように、しっかりすすぐことを意識していきましょう。

 

また、女性の場合はメイクをしていると思いますが、クレンジングをするときに結構力を入れてしまって、肌に負担をかけさせてしまっているというケースが多いです。クレンジングをするときにしてもスキンケアをするときにしても、力を入れずに優しく洗顔をしていくことが大切です。

 

また、洗顔が終わったら、水分を化粧水で補給をして、その水分が蒸発してしまわないように乳液や保湿クリームをつけましょう。なお、化粧水や乳液などは刺激が弱いものを選ぶようにしたり、肌質に適したものを使うようにしなくては、肌に負担がかかってしまって、ニキビになりやすいですので注意しましょう。