トップページ → 受胎気功・ファータイルストレッチで不妊対策

受胎気功・ファータイルストレッチで不妊対策

不妊治療といっても、医療機関で受けるものばかりが有効とは限りません。治療というわけではありませんが、女性の身体によいといわれる受胎気功やファータイルストレッチなどが注目されています。これらは、IVFなんばクリニックの院長である森本義晴医師とストレッチインストラクターの竹内邦子さんによって研究開発されたものです。

 

受胎気功は、中国古来から伝わる小周天という煉丹術をベースにしています。不妊治療向けに、呼吸法などで身体にエネルギーを取り込み、気血のめぐりを整えて妊娠しやすい体質に導くというものです。

 

骨盤内の血流がよくない状態では、子宮内膜や卵巣の血行も悪くなってしまいます。すると、排卵や着床がうまくいかなくなってしまうのです。血のめぐりが悪いと、冷えの症状も出やすくなります。女性の体には、よくないことばかりが起こってしまうのですね。これらを改善するのが、受胎気功です。

 

ファータイルストレッチでは、骨盤内の血流を促進し、冷え性を改善します。体に本来備わった自然治癒力が向上するので、不妊の原因となる症状がどんどん軽減されていきます。

 

スタジオでのレッスンに参加すれば、不妊治療のストレスを解消することもできますよ。IVFなんばクリニックでは、ストレッチ・マッサージ・全身運動(有酸素運動)・リラクゼーションという4つのスタジオレッスンを行っています。所要時間は、約2時間半から3時間と予約制で行われています。