トップページ → 多汗症の薬物療法はどんなの?

多汗症の薬物療法はどんなの?

多汗症は超音波や手術やボトックス注射などで改善することがありますが、これ以外の多汗症を改善する方法の1つに、薬物療法があります。しかし、この薬物療法というのは、手術よりも効果がないことや、副作用の危険性があるということは頭に入れておいてください。また、薬物療法は短い期間で症状を改善するものではない点も頭に入れておいてください。

 

例えば、副作用については、薬物の1つである抗コリン剤を服用すると、口が渇いたり、排尿に障害が出たり、便秘になったりする副作用が出ることがあるのです。

 

また、薬物療法は長期に渡って治療することもあるので、必ず医師の指示に従って行うようにしてください。もし、短い期間で多汗症を改善したいという方には、この方法よりも上記のような超音波や手術、ボトックス注射などの違う方法を選択することをおすすめします。

 

薬物療法に使われる主な薬ですが、交感神経の働きを抑える交感神経抑制剤や、うつ病などに使わる抗うつ剤、アセチルコリンという神経伝達物質に働きかける抗コリン剤、不安を抑える抗不安薬などがあります。交感神経抑制剤は、交感神経の働きが異常な状態の時に、正常な状態にする働きがあるとされています。

 

抗うつ剤は、緊張をほぐしたり不安を解消する働きがあるとされています。抗コリン剤は、アセチルコリンという神経伝達物質の出る量を抑える働きがあるとされています。

 

抗不安薬は、抗うつ剤と同様に緊張をほぐしたり不安を解消する働きがあるとされています。これらの薬物は、多汗症の症状が出ていないのに不安を感じてしまうような方に処方されていることが多いみたいです。