トップページ → 脂肪肝になりやすい30、40代は結婚すら危うい?

脂肪肝になりやすい30、40代は結婚すら危うい?

近年では、女性の社会的地位が向上し、自立した女性や就業意欲の高い女性が増えています。さらに、学歴を重視した雇用や専門知識を必要とする職種の増加などの影響で、「晩婚化」が進んでいる傾向にあります。

 

晩婚化とは、一般的に、初婚年齢が以前に比べて高くなっているという事を指します。日本での初婚年齢の平均は、男性の場合、20代後半〜30代前半となっています。

 

例えば、30代前半まで独身だと、周りから「あの男性は、何か問題があるのではないか?」と見られがちです。社内にも、そのような男性は一人や二人いてもおかしくない時代になったと思います。

 

実際に、お見合いパーティーや友人からの紹介、合コンなどで30代後半の男性と出会ったことのある女性に話を伺ってみました。すると、30代後半でまだ一度も結婚の経験がない場合、容姿や会話力に問題があると感じられることが多いようです。

 

しかし、そのような男性は皆さん誠実で、真面目そうな方ばかりだったので、結婚には向いているのではないかと感じたそうです。ただ、結婚に至るまで気持ちを盛り上げることは出来ず、結局、結婚には至らなかったというのが、多くの方の答えです。

 

近年は、不景気のため、育児などの将来に対して不安を抱えるくらいであれば、むしろ、生涯独身のままでもよいと考えている男女が増加傾向にあるとも考えられます。

 

理想の結婚年齢を問うアンケートの結果では、女性は年上の男性との結婚を望んでいるため、30代後半だからといって、結婚を諦めるのは早計と言えます。