脂肪肝改善サプリなら!タウリン・オルニチン・DHA&EPAどれ?

 

脂肪肝改善サプリはこれだ!

 

脂肪肝の改善に欠かせないタウリン

 

 

脂肪肝を改善するのに、タウリンがいいというのを聞いたことがありますか?タウリンとは、食品では魚介類に多く含まれる成分です。魚の血合いなどに多いのですが、現代の日本人は魚を食べなくなり、特に血合いの部分を食べる機会は減ってきました。タウリンの役割を見てみましょう。

 

ホメオスタシス作用

 

ホメオスタシスという言葉をご存知でしょうか。これは、身体や細胞の状態を正しいところに戻してくれる機能で、ちょっとくらい体調が悪くなっても休めば自然に治るのはホメオスタシス作用が働いているのです。

 

血圧を安定させたり、肝臓の働きを健康に保ったりするのも、ホメオスタシスが関係しています。この機能を高めてくれる働きが、タウリンにはあります。

 

いわば、万能といってもいいような成分ですね。体内にはもともと、筋肉や脳、目、心臓、肝臓などの重要な臓器に多く含まれているタウリン。肝臓では、脂肪肝をよくするともいわれています。

 

中性脂肪を排出してくれる

 

タウリンが脂肪肝によいとされるのは、中性脂肪を排出しやすくしてくれるからです。タウリンが肝臓に吸収されると、肝臓にあった中性脂肪を除去したのち、排出してくれるのです。

 

肝細胞を再生しやすくしたり、胆汁酸の分泌率を高めてくれる働きもあるタウリン。食品では牡蠣に多く含まれているので、牡蠣を食べると肝臓が強くなるというのも納得のいくことです。

 

タウリンはアルコールの分解も早めてくれるので、アルコール性の脂肪肝にも効果を発揮します。季節ものの牡蠣ですが、今ではサプリメントで牡蠣の栄養素をとることもできますので、要チェックですね。おすすめのサプリはこちら⇒脂肪肝に効くサプリランキング最新版

 

脂肪肝に自覚症状あるの?

 

自分が太っているかどうか、常に気にしている人はちょっと顔がむくんだかなと思うだけで気になってきます。しかし、1kgや2kg増えたところで大したことはないと思っている人にとっては、脂肪が増えたかどうかという意識は低いでしょう。

 

痩せている人にとっても、この傾向がある人がいます。体重や体型は理想を保っているので、脂肪が蓄積しているわけがないと思い込んでしまうのです。

 

しかし、脂肪肝は痩せているからならないというわけではありません。内臓脂肪がたまっているかどうかは、専門的な検査を受けてみないとわからないのです。

 

目に見えない脂肪

 

脂肪肝になっているかどうか自覚症状が薄くなるのは、当然です。どんな脂肪も普通には目に見えず、健康診断などで指摘されて初めて気づくものです。セルライトなどが出てくると、脂肪がたまっているということがわかりますが、これも視線が届きにくい場所に目立つのが特徴です。

 

自分にどのくらいの脂肪があるかどうかはわかりにくいため、脂肪肝になっているかわかりにくいのも無理はありません。しかしだからこそ、意識して体内脂肪の管理をすることが大切なのです。

 

沈黙の臓器、肝臓

 

肝臓は、沈黙の臓器と呼ばれています。そのワケは、非常に多くの働きを受け持っている割に、働き者だという性質からきています。黙々と文句もいわずに役割を果たしてくれるのはいいのですが、あるとき突然過労死してしまいやすいのも特徴なのです。

 

肝臓が働かなくなると、人は生きていけなくなります。脂肪が蓄積される脂肪肝も、血液を循環させにくくなり動脈硬化などにつながりやすいのです。黙って働いてくれるからといって、無理させすぎると、肝臓は悲鳴を上げてしまいます。

 

子供用の歯磨き粉はいつから使えばいいのか

 

乳幼児は、生後半年頃から乳歯が生えだします。離乳食に切り替えるようになってきますが、そうなるとやはり虫歯が心配になってくると思います。ですので、親御さんは乳歯が生え出したら歯磨きをすると思いますが、歯磨き粉はどうしていますか?

 

色々な歯磨き粉がありますが、子供の歯を守る為にも歯磨き粉にも気を使うようにしましょう。そもそも子供用の歯磨き粉ってどういうものがあるのでしょうか。こんなものも>>>口臭予防におすすめの歯磨き粉

 

ジェルタイプ
初めて歯磨きを始めるという赤ちゃんには発泡剤や研磨剤が含まれていない歯磨きジェルをオススメします。透明のジェルで少しだけ味がついているので赤ちゃんにも効果があります。フッ素の濃度も低いので少しだけつけて磨けばうがいをしなくても大丈夫です。

 

小児用歯磨き粉
発泡剤や研磨剤が含まれた赤ちゃん用のものとは違う小児用歯磨き粉があります。色などは大人ようのものが多く磨くと泡立ちがよくなります。飲み込まないように吐き出す練習もできます。

 

フッ素ジェル、スプレー
歯科検診のフッ素塗布の時のように歯磨き粉よりフッ素を歯に塗るというものです。歯磨きの際ではなく、歯を磨いた後に少しつけて30分程度飲み食いをしないという使用方法です。もちろんフッ素濃度も低いので飲み込んでも影響は特にありません。

 

ちなみにフッ素という言葉がよくでてくると感じた方も居ますが、どうしてフッ素がいいのかを説明します。実はフッ素には虫歯を予防する働きがあります。それによって子供などの生え初めた歯は虫歯になりやすいので、塗布する歯科医師も多いです。ただ、過剰摂取によって歯に白い斑点が出来たりするのでもし塗布したいという場合は歯科医師に相談することをオススメします。

 

 

更新履歴